地域のくらし情報

袖ケ浦市を中心にした生活に役立つ情報を
掲載しています。

2019/06/01 おすすめスポット情報

袖ケ浦郷土博物館(袖ケ浦市下新田)~わくわく万葉祭り~

  • 袖ケ浦 駅から
  • 4.4 km

袖ケ浦市の郷土博物館では

毎年6月頃に「わくわく万葉まつり」が行われます。

 

万葉、というネーミングのとおり

古代人の生活を体験してみよう!という

大人も子供も古代ロマンに浸れる(?)

ミュージアム・フェスティバルです。

 

古代人の技術体験では、

火おこし体験

勾玉・貝輪作り

たたき染め、凧作りなど。

 

また、実際の化石を使った化石発掘体験の他

戦国武将になりきって鎧を身に付けたり

平安貴族女子を目指して十二単を着てみたり

ちょっとしたコスプレ(笑)も楽しめます。

 

そのほか、ちょっとマニアックな

上総掘り体験から

ほっと一息呈茶席や企画展など

大人も子供も楽しめる催しものがたくさんありますし、

地元の袖ケ浦高校吹奏楽部が披露してくれる

若いパワーの迫力ある演奏は毎年好評です。

 

今年は私も子どもたちと

わくわく万葉まつりを楽しみました。

 

子どもたちの一番の目的は化石発掘ブース。

30万年前の石が2個入った袋はひとつ300円。

さてさてどんな化石が入っているかな~~♪

 

層になっている部分を割って

ちょっとずつホジホジすると

ヤマザクラの葉っぱの化石が出てきました。

残りの石は、家に持って帰ってから発掘することにしました。

 

そのほか

勾玉作り(450円:ピンク、黒、白から選べます。色によって値段が違います。)では

約1時間、ひたすらやすりがけをし、

凧作り(300円:ガウラくまたはチーバくんのイラスト)では

下書きされたイラストに個性的な色をまぶし

思いっきり楽しんでおりました。

 

ランチは、数ある屋台の中から

やきそば、アメリカンドッグ、ポテトフライを選び

(私は唐揚げ、チヂミ、イカ焼きを選びました)

木陰の芝生にレジャーシートを引いて

いただきました。

 

そうです。

わくわく万葉祭りも

玄人になると

レジャーシート持参なのです。

一日中楽しんでやるぜ、という

やる気をみなぎらせて参加するのです。

 

みなさんも

是非、やる気をみなぎらせてご参加ください。

 

ちなみになぜ「万葉」祭りなのかと言いますと

袖ケ浦市の名前の由来は

ヤマトタケルとオトタチバナヒメの

悲恋の伝承にありまして

海を鎮めるために、海に身投げした

オトタチバナヒメの着ていた袖が流れ着いた海岸を

「袖ヶ浦」と名付けたそうです。

 

袖ケ浦市および近隣4市では

古墳も多く、勾玉もよく出土されることもあり

万葉のロマンに縁のある地域でもあるのです。

 

PROFILE プロフィール

名称
袖ケ浦郷土博物館
住所
〒299-0255 千葉県袖ケ浦市下新田1133
アクセス
袖ケ浦駅南口から車で12分
営業時間
9:00~17:00
定休日
月曜日、祝日の翌日、12月26日~1月4日
※この記事は掲載時点での情報です。